消費者金融の金利は高いけど支払い金額は多くないのはなぜ?

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただ、中にはアコムやプロミスなど消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

参考:消費者金融審査甘いランキング

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますがみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年はアコムやプロミスなど消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料がタダという消費者金融も多いので、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますがアコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

繰り上げてお金を返す制度を利用したら、現金自動預払機からクレジットカードで借りたお金のお金を返す期間を短くしたり、返す必要のあるお金の額を大幅に減らすことができるでしょう。

ただ、融資の条件により繰り上げて借りたお金を返済することが出来ない場合やある金額を超えた額でない時は繰り上げてお金を返すことが出来ない可能性があるため注意を払いましょう。

借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。

それほど難しいことではありません。

基本は、返済に関する見通しをこれでもかと思うほど辛く見積もることです。

経験者ならきっと感じたことがあると思いますが、お金を返す行程には幾つもの波のようなものがあり、返済開始直後には、完済のイメージが大きく頭の中を占めており、借金の影響で無駄遣いもしないので、少し背伸び気味の返済額であっても簡単に返せることで過信が生まれます。

あんまり悲観的になる必要はありませんが、何の問題もなく返せるはずなどないのです。

急病や失職、その他の予期せぬ災難で支払いが滞ることもよくあることです。

どんな状況に陥っても返済を続けられるよう、端数が出てもいいので、できるだけ返済額を低く設定しましょう。

会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。

借入を行ったものの、返済ができなくなったならば債務整理しなければならなくなるといえます。

債務整理中は借入ができない状態となるので、いろんな行動が制限されます。

不便ですが、この状態は仕方がないことなんだと諦めてください。

一括返済ができる少ない金額のキャッシングならば、利息がプラスされない無利息期間がある金融業者を選んで利用するのが賢いやり方と言えるでしょう。

利息がかからない間に全額を一度に返済すれば少なくとも数百円はあるはずの利息がまるでかかりませんので、これを有効活用することでとても便利になります。

一括での返済ができない見込みであったとしても、無利息期間を設けている良心的な金融会社の方がキャッシングの際お得になることも多いので、まずはよく比べてみて自分に合うところを選びましょう。

お金を返す目途が立たず、債務整理の手続きを1回でも行うと、例外も一部ありますが、すべての貸付契約ができなくなるでしょう。

その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、この情報が保存されている間は他の信用取引も全部ご利用できません。

信用情報の保存期間は、最低で5年間なので、もう一度、カードローンなどの契約を行うためには、その年限が過ぎるのを待たねばなりません。

キャッシングでお金を借りるには申し込んだ後に受ける審査に合格しなければなりませんが、この審査に最も通りやすい職業が公務員です。

どのようなキャッシングの審査においても、定期的に安定した収入があり、確実に返済できることが条件になるので、リストラや倒産の心配のない公務員の場合は、キャッシング審査の重要条件にぴったり当てはまるわけです。

ほかにも、一般的に名の知られた大手企業の方も、安定した収入が見込めるということで、キャッシングの審査では有利になるでしょう。

その昔、お金というものが世の中に登場してからというもの、その貸し借りには、様々な約束事が存在しており、いずれの場合でもその人が借りたお金を返せる人なのかの判断のためだけにでも、収入の如何を問うと思われますが、その保証が不要と言うのは、どんな経緯で実施されるようになってきたのかわかりませんが、借りる予定のお金がそこまで高額でない場合に限り、このところ収入関係の証明書は提出する必要がないことは当然のことらしく、顧客の間にも広まってきているようです。

小額の基準は自分が考えていたより高く、数百万円までと言うことで、普通の会社員や公務員などには簡単に返すことの出来ないような結構な金額です。

以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも何の収入保証も必要なく出来、余分な手間が省けるようになったのです。

本当にお金に困った人にとって何ともありがたいお話ですね。